2011年2月16日 (水)

Twitter はじめました!

Nana2月12日から Twitter をやりはじめました。やりはじめて数日ですが「よくできているシステムだなぁ」と感心しきり。そしておもしろいです。もしよかったら、私のつぶやきをのぞきにきてください。また、Twitterをやってらっしゃる方、フォローしていただけるとうれしいです。
    ななパパの Twitter はコチラから。

ブログの更新は、あまり期待できそうもない ななパパより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

積雪は少しだったけど

R0020696_4

豪雪に苦しんでいる地域の方々には申しわけないけど、待ちに待った雪が降りました!ちょうど1年ぶりの積雪に、ななは元気に走りまわり(写真下=走りながら笑っている!?/2月11日夕方)、雪合戦もしました(写真上/2月12日朝)。なながうれしいと私もうれしくなります。積雪は少しで、物足りませんでしたが。

R002067073_2

【お詫び】今回、4ヵ月半ぶりの更新となりましたが、見捨てずちょくちょくチェックしてくださった方々には、心からお詫びを申し上げます。この間に、ななは膀胱炎になり(抗生物質で2週間ほどで完治)、ようやく我が家も地デジに対応しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月30日 (木)

満七歳になりました

R0019996989913

夕飯時、「石焼〜き芋 お芋〜〜」のスピーカー音が我が家の前を通り過ぎていきました。久々に聞くフレーズに、秋の到来を感じる。気温もだいぶ低くなってきたので、ななは日中、かなりの時間を愛用のベッドの中で過ごしています(写真)。そして夜は妻の布団の足下付近に潜り込んで寝るようになりました。寝返りが激しい私には寄りつきません、ちょっとくやしい(笑)

ななは今月、満七歳の誕生日を迎えました。七歳といえばドックフードも「シニア向け」に変えるお年頃。人間の年齢に無理やり当てはめると、44歳くらい。そのことを妻に告げると「全然、44歳ってかんじがしない〜!」

「どこがそう感じるの?」と聞いてみたら、妻少し考えて曰く「血の気が多い…」。うぅ〜む、確かにぃ…。売られたけんかは買いますぅの暴れん坊で血気盛ん。見た目はおとなしそうなんだけどねぇ…

来年は私の年齢を追い越し、再来年は妻の年齢を追い越していく、なな。でも、長生きよろしくね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

「9・11」 あれから9年

R0019936_2

今夏、家の中の大掃除をしていたら「アメリカ同時多発テロ」を報道した新聞が出てきました(上の写真)。捨てずにとっておいたものです。あれから9年。


9年前のあの日、私は妻とふたり四国・松山の道後温泉にいました。旅館での夕食後、ほろ酔い気分で温泉街をぶらついた私たちは、21時に「坊ちゃんカラクリ時計」を見物し、22時頃に宿に戻ってきました。布団に横になりテレビをつける。するとそこには「高層ビルに突っ込んでいく旅客機の映像」が何度も繰り返し映し出されていました。「いったい何が起こったのか? これは何の映像なんだ?」しばらくは状況がのみこめずにいたこと、ニューヨークで起こった衝撃の事実の報道を聞いても、にわかには信じられなかったことをよく覚えています。

「アメリカ同時多発テロ」と「道後温泉」、私にとってこのふたつは強く結びついたものとなり、頭の中に記憶されています。妻に聞いてみたら、そうでもなかったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

夢日記 「本田圭佑 VS 横綱白鵬」

どこかの結婚披露宴会場。そのひとつの丸テーブルに、白の紋付はかま姿の横綱「白鵬」がどーんと座っている。そこへサッカー日本代表のエース「本田圭佑」が現れて白鵬にタイマン勝負を挑む。本田が繰り出す技は白鵬にはまったく通じなかった。「足のスネを蹴るんだ〜!」本田を応援する私。白鵬は本田に敬意を表しながらも、簡単に勝利をおさめた。

本田の敵討ちとばかりに、テーブルに座っている白鵬の懐に私は飛び込んだ。私は下から白鵬の喉を目掛けて「喉輪(のどわ)」を繰り出す。まったく通じない。びくともしない。私はあっけなくつぶされてしまう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

新しい薬を執拗に奨められ…カチンとくる

R0019210_1春に出費が多いのは、ワンコ界も同じ。「狂犬病の予防接種」、「フィラリア症予防薬」と「ノミ・ダニ駆除薬」はワンシーズン分をまとめ買い…さらに、ななの場合は「混合ワクチン」も春先に重なる。あぁ…お金がどんどん、消えていく〜。近所のチワワ飼ってるおじさんも「混合ワクチンは高いなぁ〜」とぼやいてた。


そんなこんなで本日は、「フィラリア症予防薬」と「ノミ・ダニ駆除薬」を…今シーズン分まとめ買いに行ってきました。まとめ買いするとかなり安くなる病院があるので、今年もその病院へ。(写真は病院へ出発前の車中にて。ななはドライブも病院も大嫌い)

嫌がるななを引っぱり、病院の受付へ入る。
「フィラリア症予防薬9ヵ月セットと、フロントライン9ヵ月セットをお願いします」
それに対しての受付の女性の対応…「ノミ・ダニ駆除薬」に関していつもの『フロントライン』ではなく新しい薬を奨めてきた。「アルコールフリーだから皮膚への刺激が少ないんですよ。当病院ではこちらの『プラクティック』をおすすめしてます♥」
すかさず『フロントライン』との違いを尋ねると「成虫は駆除するけれど、卵のふ化は阻止できない」との回答。
「ふ〜ん…効力が弱いのか。それなら『フロントライン』でお願いします」

しばらくして名前を呼ばれ診察室へ。フィラリア症感染検査(血液検査)をするためだ。まずは体重測定「…10.4㎏ですねぇ〜」 お次は後ろ足の血管から血液採取。ひと通り終えると担当してくれた若い男先生が、なにげに新薬を奨めてきた。「ノミ・ダニ駆除薬のほうなんですが、フロントライン(Sサイズ)だと体重が10㎏までだから薬が効きませんよ。『プラクティック』ならSサイズは11㎏までだから、こちらにしてはいかがですか?」

たったの400gオーバーで「薬が効かない」と断言した若男先生。受付からの流れもありそれにムッとした私は「いや、…フロントラインで結構です」ときっぱり断った。 「効かなくてもかまわないんですね」とさらに先生は念押ししてくる。「かまわないです」さらにきっぱりと断る私。なんでそんなに新薬を奨めてくるかなぁ…不信感を私は抱いた。なんかけっこうムカついてきたゾ。意地でもフロントラインだ!

会計の時に受付の女性が「フロントラインなんですが… 本日は1ヵ月分はお渡しできるのですが、ただいま在庫がないので、残りの8か月分は郵送でもいいですか?」と言ってきた。驚いた私は「フロントラインは扱わない方向なんですか?」とやんわり尋ねる。「いや、在庫がないだけです」との答え。

おまけがついたなぁ、これは〜。これも他の薬を奨めた理由のひとつであるのか!! 今回の一件でこの病院には不信感をもってしまった。先生も毎年のように異動で変わってしまうし(去年の先生はよかったんだけど…)、今回は後味が悪い思いをしました。


【後日談】 郵送してくれるといっていた後送8個のフロントラインが2週間たっても届かない。「1週間たっても届かなければご連絡ください」と言われてたので病院に電話してみたら、手違いで送り忘れましたとのこと。絶句〜! あきれたぜ〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

たまには「ヒョウの絵」に戦いを挑んじゃう

R0019084_1最近、散歩の楽しみがひとつ増えた。なながご近所のパジェロミニのスペアタイヤカバーに描かれた「ヒョウの絵」に反応をするようになったのだ。はじめて反応があった日の様子はこうだ。《角を曲がって「ハッ」とする。そして身構える。低く「ウ〜」とうなりだす》

ある日は立ち止まって5分以上も「ウ〜」ってうなり続けた。でも毎回の話ではないんだよね。ほんと、たま〜に戦いを挑みます。かわいい♥

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

夢日記 「雲を消す依頼」

家族が「近所の空に浮かぶ雲を消す依頼」を、それをやる業者にしてしまった。しばらくして、ひとりの男が説明にやってくる。「今からやります。まずは私が雲の中にロケット弾を打ち込みますから、それから少したったらお客様のほうでカセットテープに『Jupiter』を録音したものを、ペットボトルロケットに積んで打ち込んでください。そうすれば雲は消えます」

業者が帰った後、疑問がわいてくる。
疑問(1)『Jupiter』は平原綾香でもいいのか?
疑問(2)打ち込むときに曲が流れてないと意味がないのではないか? その場合はペットボトルロケットにラジカセをくくり付け、曲を再生しながらでないといけない(使い捨てカメラの「写るんです」みたいなかんじの音楽プレーヤーがあればよいのだが)

業者に質問をすべく、私は広場へ急いだ。その時、轟音がした。ロケット弾は発射されてしまった。南の空に浮かぶ雲に向かって飛んでいくロケット弾。それが雲の中まで達すると閃光が走り小さな爆発が起こった。オレンジ色に光る空。鳥たちがざわめきだす。大きな建物から何百羽もの鳥が地上に舞い降りてきて、列をなして道を歩きだす。よく見ると人間だった。何百人もの女性が鳥の面をかぶり、鳥の羽をつけ、私の目の前を行進していった。首から肌が見えていたので人間だとわかった。

続いて北の空に向かって、ロケット弾が発射されてしまった。広場に業者の姿はすでになかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

夢日記「朝青龍の甥っ子」

北海道で逸材を見つけた。朝青龍にそっくりの「朝青龍の甥っ子」だ。私は写真でしか見たことがない彼と、コンタクトをとる。そして彼は夜汽車に乗って上京してきた。モデラー(模型を製作する人)の仕事をしている私に、弟子入りするためである。まず彼にやらせることは、ある小さな島にそっくりなミニチュアをつくることだった。すでにその下ごしらえはしてある。彼は自分なりに考えながら、ミニチュアを仕上げた。良い出来映えに彼自身、満足していた。次の仕事は、彼自身を朝青龍そっくりに仕上げること。まだ一度も会ったことがない「叔父である朝青龍」に憧れる甥っ子。白のタンクトップに学生ズボンのいでたち。髪にメッシュを入れ髪型を整え、体には泥を塗り、朝青龍に似せていく。誰の前に出しても恥ずかしくない出来映えに仕上がった。おそらく、朝青龍を知っている人は皆、本人だと思うであろう。そしてそっくりさんだと知り、びっくりするだろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

「平成22年2月22日」

R0018967_1昨日は「平成22年2月22日」ということで、世間は「2並び」フィーバーだったみたいです。電車の乗車券やら、郵便局のスタンプやら…「2並び」の数字を求める人々の様子を、人ごとのようにテレビのニュースで見てたら、我が家にも2並びが発生してたのだぁ!

左の写真は妻が買い物してきたケーキ屋さんのレシート。

妻:「ねぇねぇ、これ見て!」
夫:「ぉおー、 2222円じゃん!」
夫:「お釣りもらわないように、ぴったり払えばよかったのに」
夫:「そしたらもっとスッキリしてたよ。おしいなぁ」
夫:「お店の人、なんか言ってなかった?」

これだけで、けっこう盛り上がれました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«2年ぶりの積雪で、楽しい朝!